SE16NのデバッグでSAP標準テーブル更新

概要

方法①

デバッグで更新設定の変数を変更することによりSE16Nの画面でSAP標準テーブルを更新できるようになります。
SE16N画面で検索条件を入力した後に、コマンドフィールドに「/h」と入力しデバッグを起動します。

デバッグ画面で2つのグローバル変数「GD-EDIT」と「GD-SAPEDIT」の値をXに変更して処理を続行します。
これにより、SAP標準テーブルの値が変更可能な画面に切り替わります。
尚、SE16Nからのテーブルの変更は変更履歴テーブル(SE16N_CD_KEY、SE16N_CD_DATA)に保存されるため、どのレコードを手動で更新したかの確認をすることができます。

 

方法②

汎用モジュールSE16N_INTERFACE

SAP-UPDATE-DATABASE-TABLE-SE16N-2

SAP-UPDATE-DATABASE-TABLE-SE16N-3

推荐这些文章:

SAP Table change method

1 FM:SE16N_INTERFACE 简单粗暴
 

 
 
2 事务代码 SE16N ---> /H------>修改 GD-EDIT 和 GD-SAPEDIT  内容为大写X,执行即可。
 

...

文章标题:SE16NのデバッグでSAP標準テーブル更新
文章链接:https://www.dianjilingqu.com/51060.html
本文章来源于网络,版权归原作者所有,如果本站文章侵犯了您的权益,请联系我们删除,联系邮箱:saisai#email.cn,感谢支持理解。
THE END
< <上一篇
下一篇>>